暴力団勢力、2.1%減=覚せい剤、詐欺の摘発増加−警察庁(時事通信)

 全国の警察が2009年末時点で把握した暴力団の構成員と準構成員を合わせた勢力は、前年比約1700人(2.1%)減の約8万0900人で、5年連続で減少したことが4日、警察庁のまとめで分かった。構成員が約1800人減る一方で、準構成員は約100人増え、横ばいが続いている。
 同庁は、全体の半数近くを占める山口組が傘下組織の破門などを進めたほか、警察の摘発や官民の排除活動が強化されたため、組から離れる人が増えたとみている。
 団体別では、山口組が約1600人減の約3万6400人と最多。住吉会、稲川会を合わせた3団体で全体の72%を占めた。山口組を事実上支配している弘道会は約4000人で微増した。
 摘発人数は512人増の2万6576人で、4年ぶりに増加。覚せい剤や詐欺、賭博の増加が目立った一方、恐喝や傷害は大幅に減り続けている。資金洗浄など組織犯罪処罰法での摘発は37件増の132件で、統計を取り始めた00年以降の最多となった。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
赤坂被告に懲役2年求刑=元光GENJI、覚せい剤使用認める
「金地金買った」と詐欺=計1560万相当被害か

大島氏、普天間5月未決着なら退陣を=首相「国民への約束守る」(時事通信)
岡田外相 米国務副長官と会談 イラン核での連携で一致(毎日新聞)
鳩山・小沢会談が終了(産経新聞)
消費税「各党協議を」(産経新聞)
【Web】水没ケータイの復旧サービス登場(産経新聞)
[PR]
by ulloakjpo5 | 2010-03-11 22:40
←menuへ