北陸新幹線延伸「在来線共存の課題、解決が前提」 前原国交相(産経新聞)

 前原誠司国土交通相は16日、福井県小浜市文化会館で開かれた「民主党政経フォーラムin若狭」に出席し講演した。このなかで、北陸新幹線の福井県内延伸については在来線との共存の課題を解決することが前提などとした。また党の政策については「少子高齢化社会や財源問題、年金保障が大きな閉塞(へいそく)感になっている」と指摘した上で、日本の将来を描くために必要な「子ども手当」や、「コンクリートから人へ」という重点予算配分を詳しく説明、理解を求めた。

[フォト]仙谷、前原両氏が小沢氏の政倫審公開求める

 北陸新幹線の福井県内延伸などに関して、「やらないと言ったことはない」と述べた。その上で「東北新幹線では青森や岩手が並行在来線を維持できず、お手上げの状態」と例をあげ、県内延伸の決定については、「福井県民の総意は理解するが、並行在来線も必要で、どう持続するか。将来的な仕組みを慎重に検討している」と述べ、在来線との共存の課題を解決することが前提とした。

 観光立国の施策については、近く中国人旅行客のビザの発給条件を緩和するため、中国や台湾、香港の観光客が増える見込みとし、「風光明媚(めいび)で料理がおいしく、もてなしの心を持つ小浜市などが心の準備をしてほしい」と語った。

 前原国交相は、夏の参院選福井選挙区出馬する民主党の公認候補を応援するため訪れた。講演に先立ち松崎晃治・小浜市長や河瀬一治・敦賀市長ら嶺南の首長と面談、要望などを聴いたという。

【関連記事】
「子ども手当てなど国の責任で」 首都圏9都県市首脳会議
国から丸投げ、自治体「事実確認難しい」 子ども手当て、外国人殺到
「子ども手当すぐに使わない」が半数、博報堂調査 消費刺激は限定的
鳩山首相に告ぐ 国民の声「金銭感覚あきれた」
普天間問題決着の半年先送りを確認 関係閣僚会議
少子化を止めろ!

猫虐待で25歳男書類送検=里親サイトで入手「うるさい」―愛知県警(時事通信)
自転車で携帯、70歳が「ぶっ殺す」と脅す(読売新聞)
口蹄疫問題「責任問題より迅速措置が大事」 鳩山首相(産経新聞)
体育祭暗転 突風でテント飛ばされ中学生10人けが(産経新聞)
10億円着服容疑で逮捕=近鉄子会社の元社員−大阪地検(時事通信)
[PR]
by ulloakjpo5 | 2010-05-21 14:47
←menuへ