<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 名古屋市中区の名古屋城のお堀沿い東側の歩道がユキヤナギで真っ白に染まっている。

 ユキヤナギはバラ科の落葉低木。地面から無数に伸びて垂れた枝に、かれんな白い花が所狭しと咲き乱れるさまは、ヤナギの枝に雪が降り積もったように見える。

 同市北土木事務所名城公園分所によると、今月いっぱい見ごろは続くという。【兵藤公治】

「サプリ」「健康食品」 子どもの1割が使用している(J-CASTニュース)
北教組OB5人から600万円 民主・鉢呂氏側個人献金 政治活動全般で依存か(産経新聞)
公明 神崎、坂口氏が議員辞職、引退へ 世代交代を加速(毎日新聞)
鳩山首相、中井氏スキャンダル「うすうす聞いていた」(産経新聞)
<囲碁>十段戦五番勝負第2局(毎日新聞)
[PR]
by ulloakjpo5 | 2010-03-30 00:24
 民主党の鉢呂吉雄衆院議員は25日、衆院第1議員会館で記者団の取材に応じ、自身が代表を務める「民主党北海道第4区総支部」が、個人献金を受領した日付を虚偽記載していたとされる問題について、「今朝会計責任者から聞いて初めて知った」と事実関係を認めた。

 また、政治資金収支報告書を訂正するかについては、「訂正を検討する」と述べた。

【関連記事】
民主・鉢呂氏側、3年分の献金日を虚偽記載 規制法抵触か
民主・鉢呂氏、北教組OB5人から600万 政治活動全般で依存か
北教組の不正資金提供 「本当に小林陣営だけなのか」との指摘も
北教組の深い闇 学校を支配する諸悪の根源「46協定」とは
北教組家宅捜索で政治と教職員組合の癒着構造にメス

首相「残念だ。党内の規律が守れない」 生方氏解任で(産経新聞)
<日米密約>衆院委で参考人質疑「文書リスト引き継いだ」(毎日新聞)
<ラッコ>赤ちゃん死ぬ 池袋サンシャイン水族館(毎日新聞)
看護師離職率、わずかに低下=研修・支援体制がカギ−協会調査(時事通信)
新種の人類 4万年前、露南部で生活 骨片のDNAで判明(毎日新聞)
[PR]
by ulloakjpo5 | 2010-03-27 16:31
 亀井静香金融・郵政担当相と原口一博総務相が24日発表した貯金や保険の限度額引き上げなどの郵政改革案に対し、鳩山由紀夫首相らが修正を示唆したことについて、亀井担当相は25日、「首相と話をして了承されたから発表した。もう決めていることだ」と反論した。東京都内で記者団の質問に対し答えた。

 亀井担当相は「私は鳩山内閣の一員だから、総理の意に反した発表なんかしない」と強調。鳩山首相の発言について、閣議決定はしていないとの事実を述べたに過ぎないとの認識を示した。ただし「閣僚であろうと誰であろうと、どんどん意見を聞かせてもらう。それは当たり前の話」とも述べ、修正の可能性には含みを残した。

 原口総務相も25日、限度額引き上げについて「変えることもあり得る。案がなければ、議論もできない」と説明した。一方、亀井担当相が24日の会見で実施を「当然」と発言した日本郵政グループの金融2社に対する消費税減免については「税調で議論すべきこと」と述べ、決定事項ではないとの認識を示した。【宇都宮裕一、望月麻紀】

【関連ニュース】
郵政改革:亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判
亀井担当相:追加経済対策講じるべきだと進言 鳩山首相に
郵政改革:亀井担当相が具体策報告 首相、大筋で了承
亀井郵政相:郵政見直し論議の密室批判に激高 参院予算委
亀井金融相:企業・団体献金禁止は各党の合意必要

<目薬>目パチパチはダメ 正しい点眼5%(毎日新聞)
車が電車に接触、逃走…乗客3人のうち2人けが(読売新聞)
支柱に衝突、大学生5人死傷=アイスホッケー部、練習帰り−北海道(時事通信)
<ケヤキ・庭石訴訟>元助役らに7億円賠償命令 福岡地裁(毎日新聞)
公務員の希望退職検討=仙谷担当相(時事通信)
[PR]
by ulloakjpo5 | 2010-03-26 09:58
 複数の拳銃などを隠し持っていたとして、広島県警薬物銃器対策課や広島南署などは20日までに、銃刀法違反容疑で、広島市南区の60代の会社員の男=同法違反罪で起訴=を再逮捕した。同課などは拳銃とみられる銃器約30丁を押収しており、入手ルートの解明などを進めている。
 同課などは先月28日、拳銃1丁を所持していたとして、銃刀法違反(拳銃所持)容疑で男を逮捕。自宅など関係先を捜索したところ、銃器約30丁のほか大量の弾丸が見つかった。調べたところ、銃器の中に真正銃が含まれていることが判明した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
証拠品ナイフ折るよう指示=蒲田署警部補に停職処分
警察官の偽証は違法=「無罪の可能性も」、道に賠償命令
元暴力団幹部射殺で無罪=指示役らとの共謀否定
自治会長の自宅に銃弾=暴力団追放運動と関連か

政府、米と地元に移設案を非公式打診へ(読売新聞)
配偶者暴力、過去最多=5年前の2倍に−ストーカーも最多更新・警察庁(時事通信)
運転士判断で急停止 鶴見緑地線の運行トラブル(産経新聞)
イチから分かる!「不正資金提供事件」北教組裏金の源流は税金(産経新聞)
普天間移設 首脳会談で議論せず 核サミット時、短時間の表敬扱い(産経新聞)
[PR]
by ulloakjpo5 | 2010-03-23 23:54
 原口総務相は13日、総務省の課長補佐が東京都清瀬市の市立中学2年の女子生徒の自殺に関し、在京民放テレビ局5社に報道の内容や取材手法を問い合わせていた問題について、「事実関係を調べる」と述べ、早急に調査する考えを示した。

 佐賀市内で記者団に答えた。

 課長補佐が、原口氏がツイッター(簡易投稿サイト)に自殺予防のための世界保健機関の手引を書き込んだのを読み、自分の判断でメールを出したとしていることについては、「ツイッターで、誰かが(手引に関する書き込みをして)聞いてきたので答えた」と語った。

「技術面は我々がリーダーシップを発揮している」――Ericssonの戦略と優位性
<札幌7人焼死>用途変更問題で立ち入り検査(毎日新聞)
殺人容疑 2カ月長女を揺さぶり 母逮捕 大阪(毎日新聞)
<岡田外相>沖縄密約報道の西山氏に「お気の毒だと思う」(毎日新聞)
<郵便不正>局長の部下が出廷 「記憶にない」と証言(毎日新聞)
[PR]
by ulloakjpo5 | 2010-03-19 14:46
 【政治とカネ】
 −「政治とカネ」は、どう問題の種を取り除くのか。
 首相はこれも早かった。「幹事長と(会談を)セッティングしろ」という指示を僕が受けて、「企業・団体献金(禁止)をやる。協議機関をつくってくれ」という指示だから。
 −小沢氏を続投させ、参院選で指揮を委ねることが、政権の首を絞めることにつながっているのでは。
 そういうことは全くゼロではないと思うが、少なくとも小沢さんに(刑事責任が)かかったなら、首相だって(続投して)いいとは言わない。
 【連立政権運営】
 −社民党との政策のずれが表面化している。
 3党合意という、やや玉虫色的な文書をつくって連立を組んだわけで、具体的な細部に来ると主張が違うのは、政党が違うから仕方がないと思っている。
 −普天間問題でも、県内移設はだめと言っている。
 連立は大事だが、基地問題はやはり日本の安全保障の問題なので、そのことを軸にどうあるべきか。その上で米軍との関係を整理して、地元の理解を得るということじゃないといけない。3党合意の中にも普天間の見直しとは書いていない。
 −沖縄の負担軽減のことは書いている。
 だからわたしは、一貫してそこを共通軸に見いだしながら言っている。県内絶対反対というのは連立合意の領域からは違う。 

【関連ニュース】
離脱の是非、判断は時期尚早=福島社民党首
原発推進明記で調整へ=温暖化対策基本法案
決着先送りなら連立離脱も=普天間で国民新・下地氏
連立政権に火種次々=普天間、外国人参政権…
参院予算委の詳報

ジェネリック医薬品で負担減 患者、病院ともにメリット(産経新聞)
絶縁体 電気信号伝達 夢の「8割省エネ」(毎日新聞)
<エキスポランド>跡地活用案、大阪府が公募 機構廃止にらみ、主導権狙う(毎日新聞)
<グーグル>京都の二条城など「スペシャルコレクション」に(毎日新聞)
自宅放火、心神耗弱認めず有罪 裁判員裁判で責任能力争う初ケース(産経新聞)
[PR]
by ulloakjpo5 | 2010-03-18 01:15
 鳩山由紀夫首相は12日の参院予算委員会で、現行税制について「世界との比較で法人税は高くて消費税が極めて低いのは事実だ。税率を国際的な流れにふさわしいものにする。法人税は減税の方向に導くのが筋だ」と述べ、法人税率の引き下げに前向きな姿勢を示した。その後、首相官邸で記者団に「大企業、中小企業を含め国際標準で考えていく」と語った。

 民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)で中小企業の法人税率引き下げを明記。だが、政府税制調査会は昨年末、減税分を穴埋めする財源確保は困難と判断し、平成22年度改正では引き下げを見送っている。

 首相は、消費税については「国民の政治に対する信頼を回復した後に消費税の議論をしっかり行う。社会保障を目的にする」と述べ、税率を引き上げる場合、社会保障目的税にする考えを示した。

 一方、12日の閣議決定が見送られた労働者派遣法改正案について、首相は来週にも国会に提出したいとの意向を示した。改正案をめぐっては、社民、国民新両党が見直しを求めているが、首相は「労働者側と経営者側の協力で出来上がったものを変えるのは極めて難しい」と述べた。

【関連記事】
「離島のガソリン税優遇も」 菅財務相
年金改革 具体案急ぎ与野党協議を
5月に新年金制度の基本原則 “逃げ”? 具体設計は参院選後へ
5月に新年金制度の基本原則 政府が議論開始
マクロ視点で公約見直せ 財務相の消費税発言は本気か
20年後、日本はありますか?

<直木賞選考委>平岩さんと五木さんが退任(毎日新聞)
<北野武さん>初の展覧会、パリで(毎日新聞)
昼ホテル、好評営業中 宿泊なし…不況時代の「お手軽レジャー」(産経新聞)
桜咲く、高知で平年より13日早く(読売新聞)
<奈良県警>現金授受の警官 組関係者から200万円の借金(毎日新聞)
[PR]
by ulloakjpo5 | 2010-03-16 17:26
 全国の警察が2009年末時点で把握した暴力団の構成員と準構成員を合わせた勢力は、前年比約1700人(2.1%)減の約8万0900人で、5年連続で減少したことが4日、警察庁のまとめで分かった。構成員が約1800人減る一方で、準構成員は約100人増え、横ばいが続いている。
 同庁は、全体の半数近くを占める山口組が傘下組織の破門などを進めたほか、警察の摘発や官民の排除活動が強化されたため、組から離れる人が増えたとみている。
 団体別では、山口組が約1600人減の約3万6400人と最多。住吉会、稲川会を合わせた3団体で全体の72%を占めた。山口組を事実上支配している弘道会は約4000人で微増した。
 摘発人数は512人増の2万6576人で、4年ぶりに増加。覚せい剤や詐欺、賭博の増加が目立った一方、恐喝や傷害は大幅に減り続けている。資金洗浄など組織犯罪処罰法での摘発は37件増の132件で、統計を取り始めた00年以降の最多となった。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
赤坂被告に懲役2年求刑=元光GENJI、覚せい剤使用認める
「金地金買った」と詐欺=計1560万相当被害か

大島氏、普天間5月未決着なら退陣を=首相「国民への約束守る」(時事通信)
岡田外相 米国務副長官と会談 イラン核での連携で一致(毎日新聞)
鳩山・小沢会談が終了(産経新聞)
消費税「各党協議を」(産経新聞)
【Web】水没ケータイの復旧サービス登場(産経新聞)
[PR]
by ulloakjpo5 | 2010-03-11 22:40
 2つの言語を話す「バイリンガル」の子供は1つの言語を話す子供に比べ、会話を理解する能力が高いとの論文を、板倉昭二京都大准教授(発達科学)や英シェフィールド大のマイク・シーガル教授らの研究チームが米科学誌プロスワンに発表した。

 日本や英国、イタリアで、4〜7歳のバイリンガルの子供のグループと、1つの言語を話す子供のグループに同じ人形劇のDVDを見せて、会話を理解する能力に違いがあるかどうかを調べる実験をした。

 例えば「わたしの犬を見掛けなかったか」という問い掛けに「庭にいたよ」と答える人形と「空にいたよ」と答える人形のうち、変なことを言っている方を指でさしてもらうという方法だ。

 比較したのは英国に住む日本語と英語のバイリンガル33人と、日本語だけを話す日本在住の55人。イタリアでは、ドイツ語とイタリア語を話す36人と、イタリア語だけを話す41人を比べた。

 バイリンガルのグループと1つの言語を話すグループで語彙(ごい)の豊かさや社会的階層などは同じになるよう、条件をそろえて違いを分析したところ、どちらの実験でもバイリンガルのグループの方が変なせりふに敏感なことが分かった。

 今回の結果について板倉准教授は「バイリンガルの子供は2つの言語を介して異なる文化を学んでおり、より多くの経験を積んでいるため、会話への感受性が高いのではないか」と話している。

                   ◇

 カナダ・トロント大児童研究所所長、カン・リー教授の話 「バイリンガルとして育つことが、会話能力という社会に適応するための基本的能力にどんな影響を与えるかを初めて明らかにした画期的な研究だ。バイリンガルと言語の獲得との関連を調べる研究はまだ歴史が浅く、方法に疑問のあるものも少なくない。今回の実験方法は非常によくできており、科学的にしっかりした結果だと思う」

高2死亡で男子生徒書類送検=アーチェリー練習、矢刺さる−重過失致死容疑・警視庁(時事通信)
<将棋>羽生名人への挑戦権争い 2日にA級順位戦最終局(毎日新聞)
平野、北沢両氏に注文=普天間「半歩先」行かないで−岡田外相(時事通信)
<温暖化対策>主要国の非公式会合始まる 交渉の進め方議論(毎日新聞)
東電との取引装い融資金詐取、社長を再逮捕(読売新聞)
[PR]
by ulloakjpo5 | 2010-03-10 12:42
 2006年に自殺した東京・新宿区の区立小学校の新任女性教諭(当時23歳)について、地方公務員災害補償基金東京都支部審査会が、公務災害を不認定とした同支部の決定を取り消し、公務災害を認める逆転裁決をしていたことがわかった。

 両親と代理人の弁護士が5日、記者会見して明らかにした。裁決は2月10日付で、公務災害としての認定が確定する。弁護士によると、教員の自殺が公務災害に認められるのは極めて異例という。

 裁決書などによると、女性教諭は、06年4月に新任で新宿区内の区立小に赴任し、2年生の学級担任になった。前任との引き継ぎは30分程度で、保護者からは、経験の少なさや、宿題の出し方について不満を訴えられていたという。抑うつ状態だと診断された2日後の5月31日、自宅で自殺を図り、翌日死亡した。

 08年9月の同支部の決定は、学校側の支援体制について「不十分だったとまでは認められない」としていた。これに対し、審査会は「大幅な人事異動があり、教員間で問題意識を共有できる環境ではなかった」と指摘。「着任早々から授業の進行がままならない状況を余儀なくされ、混迷の度合いを深めていった」と判断した。

 保護者の不満についても「一般的に保護者が求める内容」としていた同支部の決定に対し、審査会は「度重なる意見、要望への対応に迫られ、強度の精神的ストレスとなった」と結論づけた。

 教諭の父親(57)は「他の先生や校長との信頼関係があれば、こういうことにはならなかった。特に、新任教諭に配慮する体制をつくってほしい」と話した。

「美人すぎる市議」が20代最後の日に“重大決意”(産経新聞)
シベリア鉄道の車窓から ネットで楽しむ旅(産経新聞)
「病腎移植について理解してもらいたい」病腎移植で万波医師(産経新聞)
青森・岩手・宮城沿岸に大津波警報…高さ3m(読売新聞)
<世界記憶遺産>日本も推薦に乗り出す 選考準備委設置へ(毎日新聞)
[PR]
by ulloakjpo5 | 2010-03-09 01:14
←menuへ